10周年、奏でる感謝 弦楽四重奏団、盛岡と岩手町で公演へ 

結成10周年記念の演奏会に向け練習するラトゥール・カルテットのメンバー
 岩手を拠点に活動する弦楽四重奏団ラトゥール・カルテットは結成10周年を迎え、19日に岩手町の石神の丘美術館、6月1日には盛岡市のもりおか啄木・賢治青春館で、それぞれ記念演奏会を開く。弦楽四重奏の名曲・ドボルザークの「アメリカ」をメインに感謝の気持ちを届ける。

 2009年、石神の丘美術館での演奏会出演を機に結成。バロック時代の画家の名に由来するその名称は、同館芸術監督で作家の斎藤純さんの命名だ。

 県内外での演奏のほか、盛岡の作曲家長谷川恭一さん作曲、編曲のCD2枚も制作している。メンバーはバイオリン山口あういさん(盛岡市)、馬場雅美さん(矢巾町)、ビオラ熊谷啓幸(ひろゆき)さん(盛岡市)、チェロ三浦祥子さん(同)。

 二つの演奏会の曲目はほぼ共通。ベートーベンの弦楽四重奏曲第3番作品18の3、ピアソラの「ブエノスアイレスの冬」など。

 メンバー4人は「10年の感謝の心を込め奏でたい。ここから第2のスタートだ」と意気込む。

 岩手町公演は午後5時から。全席自由で一般1200円、大学・高校生500円(当日各300円増)。中学生以下無料。問い合わせは同美術館(0195・62・1453)へ。盛岡公演は午後4時から。全席自由で2千円(当日2500円)。問い合わせは同青春館(019・604・8900)へ。
石神の丘美術館
もりおか啄木・賢治青春館

岩手町

岩手
手仕事集い 街に活気を 岩手町で来月2、3日クラフト市
岩手
たまなぼうや、稲で鮮やか 浮島と一方井で田んぼアート見頃
岩手
石神の丘17周年、にぎわいますます 岩手町、28日まで感謝祭
岩手
県人千人、一期一影 松本伸さん(滝沢)写真展
岩手
石神の丘美術館(岩手町五日市)