県産材使ったおもちゃがいっぱい 花巻の美術館、木育を推進

ぬくもりを感じさせる館内で、木のおもちゃの手触りを楽しみながら遊ぶ子ども
 花巻市上町のマルカンビル2階にある花巻おもちゃ美術館(平野裕幸館長)は、ケヤキやカエデなど30種以上の県産木材を使った木製のおもちゃを300種類ほど並べ、木育を推進している。

 「さらさらしてる」「重ねるのが楽しい」。子どもたちの声が響く。マルカンビル大食堂の10段巻きソフトクリームなどを模したおもちゃに触れ、ぬくもりを感じる場や機会を提供し、木材の魅力を伝える。

 豊富な木材資源を有する本県。同館を設立した同市花城町の小友木材店(小友康広社長)が運営も手がけ、木材店ならではの素材選定や加工技術を生かし、数多くの樹種を用いた空間づくりが特徴的だ。

花巻市

岩手
待ってた、ワカサギ釣り 花巻・田瀬湖で今シーズンの事業開始
岩手
高校生が開発、花巻スイーツ 花北青雲高、地元企業と協力
岩手
夜の敷地にバラが咲いた 光と音のショー、花巻温泉で開始
岩手
ひといち朝市を歩行者天国で 花巻、89年開始以降初めて
岩手
欧州家庭料理、テイクアウトで楽しんで 花巻「サジオ」28日開店