仏像、油絵など幅広い企画展 北上・利根山美術館、来月末まで

仏像や立体作品など幅広いテーマに取り組む阿部龍一さん
 北上市立花の利根山光人(とねやまこうじん)記念美術館(渋谷洋祐館長)は11月末まで、企画展「色即是空(しきそくぜくう) 阿部龍一展」を開いている。中学校美術教員の阿部龍一さん(57)=同市和賀町横川目=が「生と死や命のつながり」をテーマに制作した作品を紹介。油絵から半立体作品、仏像と創作の幅を広げる郷土の芸術家の歩みをたどることができる。

 2008~22年8月までの絵画や仏像、流木や廃材を使った半立体など計25点(うち2点は市生涯学習センター3階)を展示。10年の第63回岩手芸術祭で、最高位の芸術祭賞を受けた油絵「地天女」は、命を産み育てる象徴の女性の横顔を中心に、仏教を連想するハスの花などを描き込んでいる大作だ。

 午前10時~午後4時(入館は同3時半まで)。会期中無休。一般300円、高校生120円、小中学生60円(北上、奥州、金ケ崎、西和賀の各市町の小中学生は無料)、未就学児無料。問い合わせは北上市生涯学習文化課(0197・72・8304)へ。

北上市

岩手
石に彩色、子ども食堂支援 北上・諄子美術館、販売収益を寄付
岩手
学校制度150年を振り返る 北上市立博物館企画展
岩手
ものづくりの魅力一堂に 北上で来月「テクノメッセ」
岩手
秋の陽光、満開晴れ晴れ 北上で6万本のヒマワリが見頃
岩手
地元愛凝縮ハンバーグ 北上・テイクアウト「なにもん」