ハロウィーン装飾列車乗って 三陸鉄道、31日まで運行

ハロウィーンの飾りで彩られたレトロ車両
 宮古市の三陸鉄道(石川義晃社長)は31日まで、車内をハロウィーンの飾りで彩った列車を運行している。レトロ車両の雰囲気も相まって、ひと味違う空間を提供している。

 飾り付けたのは1両。テーブルや内壁にハロウィーン仕様のイラストを施し、お化けなどが描かれた天井のつるし飾りがゆらゆら揺れる。

 5日は宮古・津軽石保育所の年長児8人が津軽石-島越間を乗車。舘下陽真(はるま)ちゃん(6)は「飾りがかわいくて楽しい」と喜んでいた。通常ダイヤの運行で、区間や時間帯は各日で異なる。貸し切りにも対応する。11月下旬からはクリスマスの装飾を予定する。

宮古市

岩手
復興の街へ「すずめの戸締まり」凱旋上映 盛り上げの動き拡大
岩手
震災犠牲者を悼むオペラ 4月中旬、盛岡と宮古でコンサート
岩手
盛岡駅に宮古発信ポスター 明日を映す実行委が掲示
岩手
絆の「中華そば」10日まで311円 宮古の「大久保」、復興支援へ寄付
岩手
土日限定の春グルメフェア 宮古・浄土ケ浜レストハウス