障害者アート、新バスセンターのホテル彩る 盛岡・ヘラルボニー

カラフルな障害者アート作品で彩ったホテルの客室。宿泊をきっかけに、これまで作品を知らなかった人々にも魅力を届ける
 4日開業する新盛岡バスセンターの3階のホテル「MAZARIUM(マザリウム)」は、盛岡市のヘラルボニー(松田崇弥社長)が内装を手がけた。同社とライセンス契約を結ぶ知的障害のある作家のアートで彩り、宿泊客に個性豊かな作品の魅力を届ける。

 フロントを飾る大型のタペストリーや、34の客室全てに設置された色彩豊かなアートパネルなど、随所に作品を使用。そのうち8部屋を、花巻市の「るんびにい美術館」に在籍する作家ら8人の名前を付けたアートルームとした。

 各部屋は、作家それぞれの作品に合わせたデザインのカーテンや椅子、クッションなどを配置。作家の顔写真と共に、人となりや創作の様子を紹介するパネルも置いた。アートルームの宿泊料には作家に支払われる手数料が含まれ、活動資金として還元される。

盛岡市

岩手
目玉をモチーフ、不思議な世界 盛岡で渡辺さん個展、27日まで
岩手
東家本店が85年ぶりに改装 「何十年先もわんこそばを」
岩手
輝く青春の力作が一堂に 県高総文祭美術工芸展、15日まで
岩手
大雨への備え語ろう 盛岡で13日に「雨そな100年トーキング」
岩手
床紅葉、幻想的な風景を織りなす 盛岡・南昌荘