ひといち朝市を歩行者天国で 花巻、89年開始以降初めて

商店街のにぎわい創出を期待する菅原潤専務理事(左)と平井康正事務局
 花巻市の一日市(ひといち)商店街振興組合(佐藤明理事長)は2日、「ひといち朝市」を歩行者天国で開催する。1989年に始まった同朝市で初めての試みで、車道も歩行者に開放。新鮮な野菜や花などを安全に購入できる。同組合の菅原潤専務理事(63)は「広々とした空間で生産者らとの交流も楽しんでほしい」と商店街の盛り上がりを願う。

 車両の通行止めを行うのは同商店街の約175メートルの区間。地元の農家や生花店、クラフト作家、沿岸の海産物販売など約20団体が出店を予定する。当日に収穫した新鮮な野菜や果物、アクセサリーなど幅広く買い物を楽しめるほか、先着順で卵のプレゼントもある。

 朝市は午前6時~同7時。花巻信用金庫一日市支店とイトーヨーカドー花巻店の駐車場を利用できる。

花巻市

岩手
待ってた、ワカサギ釣り 花巻・田瀬湖で今シーズンの事業開始
岩手
県産材使ったおもちゃがいっぱい 花巻の美術館、木育を推進
岩手
高校生が開発、花巻スイーツ 花北青雲高、地元企業と協力
岩手
夜の敷地にバラが咲いた 光と音のショー、花巻温泉で開始
岩手
欧州家庭料理、テイクアウトで楽しんで 花巻「サジオ」28日開店