ミルハスがグランドオープン 新日本フィル特別公演

 秋田県と秋田市が同市千秋明徳町の秋田県民会館跡地に整備した「あきた芸術劇場ミルハス」が23日、グランドオープンした。東北有数の規模となる2007席の大ホールや、演劇など舞台芸術に適した800席の中ホールなどを備える。



 大ホールでの特別記念公演では、新日本フィルハーモニー交響楽団(東京)とピアニスト小山実稚恵さんが共演した。国内外で活躍する指揮者井上道義さんを迎え、ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番ハ短調・作品18」などを約2時間にわたり披露した。

 アンコールでは、秋田県民歌を演奏。真新しいホールに響き渡る音色に、満員の客席から大きな拍手が湧き上がった。同市南通の笹森みさとさん(30)は「県民に愛されるホールができたんだと実感した。これからさまざまな芸術がこの場所から発信されることを期待している」と話した。



 ミルハスは、秋田県民会館と秋田市文化会館(今月末に閉館)の機能を併せた芸術文化の拠点として5月に完成した。総事業費は約254億円。6月5日の開館記念式典後、約3カ月間の舞台機材の習熟期間を経てオープンした。

秋田市

秋田
緑の車体見えホッ…「バスって、いいな」 秋田中央交通、心温まる作文集発刊
秋田
ユキヒョウの子ども「ヒカリ」です♪ 大森山動物園
秋田
スウェーデンの子育てパパの姿は… 県児童会館で写真巡回展
秋田
「苦労するほど美しく」 秋田市の75歳男性、ステンドグラスに夢中
秋田
日本画家佐藤緋呂子さん「原点は秋田」 ココラボなどで個展