爽やかな香り広がる逸品に 軽米特産サルナシを使用し開発

サルナシ特有の酸味を生かした「さるなしたまご」
 軽米町の第三セクター町産業開発(社長・山本賢一町長)は16日、町特産のサルナシを使用した菓子「さるなしたまご」を発売する。大船渡市のさいとう製菓(斉藤俊満社長)が製造に携わり、特有の酸味を生かした爽やかな香りが口に広がる逸品に仕上げた。

 サルナシの果汁を使ったオリジナルペーストと白あんをカステラで包み、サルナシの風味が香るホワイトチョコレートで覆った。ペーストは半年ほどかけて開発し、口に入れた瞬間に香りが広がるように工夫。フルーティーな味わいだ。

 1パック3個入りで540円、3パック9個入りのセットは1728円。同町晴山のミル・みるハウスやインターネット通販サイト「かるまいさん」などで取り扱う。問い合わせは同社(0195・43・4666)まで。

軽米町

岩手
雪谷川ダムフォリストパーク・軽米(軽米町小軽米)
岩手
折爪岳(二戸市福岡)