なあ丼、駅弁を発売 宮古で「なあどの日」きょう初開催

イベントに合わせて発売される「なあ丼」(左)と「なあどの駅弁」
 宮古市臨港通のシートピアなあど(佐藤広昭駅長)は10日、「7・10(なあど)」に合わせて観光イベント「なあどの日」を初めて開く。新遊覧船・宮古うみねこ丸の就航を17日に控え、魅力創出につなげる。

 物産コーナーでは710円で商品を販売し、産直コーナーには地元の新鮮野菜が並ぶ。キッチンカーの出店も予定する。

 イベント当日に発売される味もある。宮古トラウトサーモンの大きな切り身が入った「なあどの駅弁」(710円)は10日から毎日30食限定で販売。レストラン汐菜では10種類以上の食材で彩り、見た目も楽しい「なあ丼」(2800円)を毎日50食限定で提供する。

宮古市

岩手
花の木通り「夜市」初開催 宮古できょうから、12団体出店
岩手
ひと夏だけの「劇場演劇部」 宮古に誕生、高校生5人が8月公演
岩手
地元のウニふんだんなバター 宮古・重茂漁協が新発売
岩手
黒平豆使ったラーメンどうぞ 宮古・道の駅やまびこ館
岩手
「宮古うみねこ丸」晴れの門出 新遊覧船が運行スタート