温かな夫婦の店、再スタートへ 二戸・カフェレストランよしの

ぬくもりはそのままに再スタートを切る小林温さんと洋子さん
 半熟オムライスや甘口マーボーラーメンが人気だった二戸市の「ファミリーレストランよしの」が、同市仁左平(にさたい)の新店舗でカフェレストランとして再スタートを切る。3月にいったん閉店したが、常連客や仲間たちの応援を力に新メニューも加えた。店主の小林温(あつし)さん(41)と洋子さん(36)が夫婦二人三脚で、以前と変わらぬ優しい味を提供する。

 白とグレーを基調とした店舗はテーブルとソファの計18席。お薦めの「よしのの半熟オムライス」(800円)は、角切りベーコンが入ったケチャップライスの香ばしさとオムレツのバターの香りが口に広がる。自家製のデミグラスソースも絶品だ。新たにフレンチトースト(480円)やメロン、ブルーハワイ、ブドウの3種から選べるクリームソーダ(480円)なども提供する。

 午前11時~午後6時。木曜と第2日曜定休。問い合わせは温さん(080・1689・4084)へ。

二戸市

岩手
九戸城跡周辺の魅力訪れ知って 31日までイベント
岩手
チキン料理王決定戦、あす開幕 二戸・九戸の17飲食店が参加
岩手
北東北3県の物産と食集結 二戸で8日にイベント
岩手
相馬大作から未来考えよう あす、特別記念対談を開催
岩手
癒やしの心継ぐアジサイ 17日まで天台寺で祭り