「たかた揚げ」いかが 広田湾の海産物使用、道の駅が試験販売

道の駅高田松原で試験販売している「たかた揚げ」。ホタテ、タコ、カキの3種類がある
 陸前高田市気仙町の道の駅高田松原(熊谷正文駅長)は5日まで、広田湾産海産物を使った「たかた揚げ」を試験販売している。新たな土産品として商品化を目指す。

 たかた揚げは3種類を試作した。大船渡港で水揚げされたスケトウダラのすり身に、それぞれ広田湾産のカキとホタテ、タコを加えて油で揚げた。

 「お土産の定番である『さつま揚げ』の陸前高田版を作ろう」と試作を重ね、販売にこぎ着けた。購入者へのアンケートも行い、商品化の参考とする。

 販売は1日約50個。1個250円で、揚げたてのほか冷蔵品も販売する。問い合わせは同道の駅(0192・22・8411)へ。

陸前高田市

岩手
まち歩きしながら学ぶ防災 陸前高田で「クエスト大作戦」
岩手
ロダンの「考える人」陸前高田に 名古屋市博物館が貸し出し
岩手
「尾」の缶詰、全国金賞 タイム缶詰、イワシの残る部位活用
岩手
陸前高田の金剛寺で遍路旅 敷地に「四国八十八カ所霊場」を整備
岩手
手作りのキャンドル30種類 陸前高田、世界各国の雑貨も