「たかた揚げ」いかが 広田湾の海産物使用、道の駅が試験販売

道の駅高田松原で試験販売している「たかた揚げ」。ホタテ、タコ、カキの3種類がある
 陸前高田市気仙町の道の駅高田松原(熊谷正文駅長)は5日まで、広田湾産海産物を使った「たかた揚げ」を試験販売している。新たな土産品として商品化を目指す。

 たかた揚げは3種類を試作した。大船渡港で水揚げされたスケトウダラのすり身に、それぞれ広田湾産のカキとホタテ、タコを加えて油で揚げた。

 「お土産の定番である『さつま揚げ』の陸前高田版を作ろう」と試作を重ね、販売にこぎ着けた。購入者へのアンケートも行い、商品化の参考とする。

 販売は1日約50個。1個250円で、揚げたてのほか冷蔵品も販売する。問い合わせは同道の駅(0192・22・8411)へ。

陸前高田市

岩手
復興祈る作品、タイル壁画に 陸前高田市コミュニティホール
岩手
まちに元気、音楽響け 15日、道の駅高田松原でイベント
岩手
津波伝承館、教訓つなぎ来館50万人 陸前高田、開館から2年7カ月
岩手
眺めや料理〝湯〟ったり楽しんで 陸前高田の黒崎仙峡温泉
岩手
にぎわい創出、ここが正念場 陸前高田・アバッセたかた5周年