職人のものづくり、絵と写真で温かく 一関でコラボ展

一関のものづくりを絵と写真で紹介するコラボ展
 一関市東山町のイラストレーター戸田さちえ(本名幸枝)さんと同市室根町の写真家遠藤凌平さん(28)のコラボ展「手から生まれるひかりたち」が東山町の石と賢治のミュージアムで開かれ、一関の職人のものづくりを描いた温かみのある絵と写真が展示されている。

 ともに県卓越技能者で東山町の東山(とうざん)和紙職人鈴木英一さんと紫雲石硯(しうんせきすずり)の製作工佐藤鉄治さんや、魚の木彫りを作る千厩町の黒須道哉さん、小山太鼓店(室根町)の小山健治さんら8人を取り上げた。

 21日まで、午前9時~午後5時。入館料大人300円、高校・大学生200円。

一関市

岩手
夏の風物詩、3年ぶり開催 かわさき花火大会と藤沢野焼祭
岩手
古い農具を活用、楽器に変身 一関・大東の市民俗資料館で展示
岩手
「昭和レトロ」薫る駄菓子が人気 一関・千厩酒のくら交流施設
岩手
残雪踏みしめ景色を堪能 栗駒山山開き
岩手
江戸時代の女性はどう生き抜いた 一関市博物館テーマ展