職人のものづくり、絵と写真で温かく 一関でコラボ展

一関のものづくりを絵と写真で紹介するコラボ展
 一関市東山町のイラストレーター戸田さちえ(本名幸枝)さんと同市室根町の写真家遠藤凌平さん(28)のコラボ展「手から生まれるひかりたち」が東山町の石と賢治のミュージアムで開かれ、一関の職人のものづくりを描いた温かみのある絵と写真が展示されている。

 ともに県卓越技能者で東山町の東山(とうざん)和紙職人鈴木英一さんと紫雲石硯(しうんせきすずり)の製作工佐藤鉄治さんや、魚の木彫りを作る千厩町の黒須道哉さん、小山太鼓店(室根町)の小山健治さんら8人を取り上げた。

 21日まで、午前9時~午後5時。入館料大人300円、高校・大学生200円。

一関市

岩手
精巧なジュエリー多彩 東京の作家、あすまで2人展
岩手
輝く湖、4年ぶり再会 栗駒山須川コース通行止め一部解除
岩手
花泉出身テノール歌手・曽部遼平さん 11日にデュオリサイタル
岩手
ヒマワリ畑に「どこでもドア」 一関・藤沢に写真映えスポット
岩手
「縄文ぎふと」に特産品ぎゅっと 一関・藤沢から全国へ発送