岩手食材で日本酒アレンジ 学生発「カクテルのもと」10日発売

日本酒カクテルのもと「和-nagomi-」をPRする佐藤汐菜代表(右)と斎藤芽翠さん
 県内の大学生でつくる有志団体「いわてi-Sakeプロジェクト」(佐藤汐菜(せきな)代表、12人)は10日、日本酒カクテルのもと「和-nagomi-」を発売する。九戸村産の甘茶と、学生が栽培に携わった盛岡市産のリンゴを使用。「オール岩手」の素材で、日本酒好きはもちろん、あまりなじみのなかった若者らにも広く魅力を発信する。

 商品のカップには、乾燥させたリンゴと甘茶のドリップバッグを封入。100ミリリットル以上の水で甘茶を抽出し、好みの日本酒で割ってもらう。日本酒独特のアルコールの香りを和らげ、フルーティーかつまろやかな味わいが楽しめる。商品名には「酒豪」などの日本酒のイメージを「和ませ」、日本酒を楽しむ「輪(わ)」を広げたいとの思いを込めた。

 同プロジェクトは若者が日本酒に親しむきっかけをつくろうと、農家や酒蔵と協働で酒米の栽培や日本酒「ロンドイワテ」の開発、販売を手掛ける。酒米生産で力を借りる農家の元で、今回の商品に使うリンゴを育ててきた。

 製造を担う盛岡アビリティーセンター(盛岡市)が同村の甘茶パウダーの製造委託も受ける縁で、甘茶とつながった。ドリップバッグには未利用だった茎の部分を細かくして詰め、甘味を凝縮。リンゴや星の輝きを描いたラベルデザインは、村地域おこし協力隊員の福島多恵さんが担当した。

 商品開発のチームリーダーを務めた斎藤芽翠(めみ)さん(21)=岩手大農学部3年=は「日本酒の良さを知る入り口となってほしい」と願い、佐藤代表(20)=同=も「オール岩手の商品で、岩手の魅力を伝えたい」と意気込む。

 1本550円で、230本限定。盛岡市のかわとく壱番館、ヨシダライフ、リカーコートプロースト、ちひろ菓子工房や、九戸村の道の駅おりつめオドデ館などで販売。村公式オンラインショップきゅーと便では先行予約を受け付けている。問い合わせは同プロジェクト(i.sake.project@gmail.com)へ。

青森
10月再開「白神の森 遊山道」土日祝にガイドツアー/鯵ケ沢
青森
#街中のリンゴを探せ 観光協会、写真投稿募る/弘前
青森
白神の文化と歴史発信へ資源調査
岩手
啄木詠んだ花々紹介 八幡平・県民の森で企画展
青森
無人「向山駅」愛好会が10周年式典/おいらせ