想像広がる絵画ずらり 釜石の彩美会、16日まで展示会

会員らの力作が並ぶ絵画展
 釜石市の絵画グループ彩美会(さいびかい)(小原孝夫会長、会員14人)は16日まで、同市大町のテットで第35回絵画展を開いている。力作約70点が並び、豊かな空間をつくりだしている。

 新型コロナウイルス禍のため、2年ぶりに開催。講師らを含む16人が手掛けた作品は地域の風景や虎舞を披露する子どもを描いた油彩画、東日本大震災がテーマのアクリル画、一輪車を再利用したオブジェなど多彩だ。

 午前9時半~午後5時(最終日は同4時)。入場無料。

釜石市

岩手
環境に優しい周遊楽しんで 釜石、超小型EVを貸し出し
岩手
「うにぎり」広がる磯の香り 釜石・道の駅仙人峠、土日祝日に販売
岩手
県内3つの世界遺産を紹介 平泉・ガイダンスセンターで企画展
岩手
おしゃれな防災備蓄食 3種の魚介リゾット缶詰、6月発売
岩手
心躍る黄色のじゅうたん 釜石の菜の花畑、15日まで一般開放