高橋よしひろさん画業50周年 まんが美術館に原画300点

企画展セレモニーに出席した高橋さん
 犬を主人公とした作品で知られる秋田県東成瀬村出身の漫画家・高橋よしひろさん(68)の画業50周年を記念した企画展が9日、横手市増田まんが美術館で始まった。人気作「銀牙」シリーズを中心に原画約300点を展示し、高橋さんの作品を一堂に紹介している。12月5日まで。

 高橋さんは1971年に漫画家活動を開始、72年に週刊少年ジャンプに掲載された「下町弁慶」でプロデビューした。83年に連載が始まった「銀牙―流れ星銀―」は87年に小学館漫画賞を受賞。今年4月にまんが美術館の名誉館長に就任した。

 銀牙シリーズの原画は約150点を展示。「流れ星銀」では、月明かりに照らされながら疾駆する主人公・銀の躍動感あふれるシーンを見ることができる。銀が仲間と共に宿敵のクマと命を懸けて戦う迫力のある原画も楽しめる。

 「銀牙伝説WEED(ウィード)」や「銀牙 THE LAST WARS」の名場面が描かれた作品も並ぶ。シリーズのキャラクターを集め、高橋さんが企画展用に書き下ろしたオリジナルイラストも目を引く。

 9日のオープニングセレモニーには高橋さんも出席。セレモニー後、「自分で言うのも変だけど、50年も描き続ける漫画家はそういないと思う。50年はあっという間だった」と話した。

 犬を取り上げることについては「愛情を注ぐほど犬もこちらを愛してくれる。子どものころ、つらいことがあれば犬と一緒にいた」と語った。

 一般・大学生800円、高校生600円、中学生400円、小学生200円、未就学児無料。午前10時~午後6時(最終入館5時半)。10月19日、11月16日休館。問い合わせはまんが美術館TEL0182・45・5569

横手市

秋田
黄色に輝く一本道 横手市黒川のイチョウ並木
秋田
色鮮やかな菊ずらり、キリンのオブジェも 秋田ふるさと村
秋田
「御城印」を手に歴史感じて 横手市・金沢城跡で販売
秋田
まんが美術館に「しんちゃん」原画展示 父ひろしは秋田出身
秋田
あでやかで華やかな美人画堪能 近代美術館、6月20日まで