車窓彩る三陸鉄道沿線の絶景 ギャラリー列車運行

1日から運行開始した「絶景!三鉄車窓ギャラリー列車」。三鉄にまつわるイラスト60点が展示されている
 三陸鉄道(宮古市、中村一郎社長)は1日から、鉄道沿線の風景を描いたイラストを展示した「絶景!三鉄車窓ギャラリー列車」の運行を始めた。今月末までリアス線を1日1往復する。

 日本広告制作協会(佐藤文則理事長)が復興支援で企画し、全国から60点が寄せられた。13点を厳選したカレンダーも同日から発売。乗客に三鉄の四季折々の風景を楽しんでもらう。

 カレンダーはA3サイズで28枚。1500円。宮古駅隣のさんてつや、三鉄オンラインショップで販売している。

宮古市

岩手
「浄土ケ浜夜市」楽しもう 7月2日、ナイトウオークも
岩手
女子レスラー、古里を沸かす MIRAIさん、あす本県で初の試合
岩手
山開き、自然に包まれ 早池峰山、3年ぶりに神楽奉納
岩手
朝のヨガで自然も元気に 宮古、収益寄付し環境保全
岩手
特産使った酢飲料で元気っす 宮古・川井、シソと黒豆の2種開発