車窓彩る三陸鉄道沿線の絶景 ギャラリー列車運行

1日から運行開始した「絶景!三鉄車窓ギャラリー列車」。三鉄にまつわるイラスト60点が展示されている
 三陸鉄道(宮古市、中村一郎社長)は1日から、鉄道沿線の風景を描いたイラストを展示した「絶景!三鉄車窓ギャラリー列車」の運行を始めた。今月末までリアス線を1日1往復する。

 日本広告制作協会(佐藤文則理事長)が復興支援で企画し、全国から60点が寄せられた。13点を厳選したカレンダーも同日から発売。乗客に三鉄の四季折々の風景を楽しんでもらう。

 カレンダーはA3サイズで28枚。1500円。宮古駅隣のさんてつや、三鉄オンラインショップで販売している。

宮古市

岩手
うま味たっぷり カキいかが 宮古・産直が今季の営業開始
岩手
一丸、宮古の冬の「味」発信 21日から五大まつり
岩手
残したい「閉伊川紙」 宮古の女性、文化発信へ作品展示会
岩手
さあ有終の晴れ舞台 宮古「劇研麦の会」あす73年の歴史に幕
岩手
養殖ザケサンド、味多彩 宮古の丸友しまか、31日から市内で販売