東関部屋との交流回顧 夏合宿地だった一関・東山で企画展

東関部屋の親方、力士のサインや手形
 大相撲の東関部屋(4月閉鎖)が長年訪れた一関市東山町での夏合宿を振り返る企画展が力士の宿泊先だった松川市民センターで開かれ、歴代力士や親方の思い出の品が飾られている。

 いずれも東関親方となった高見山関、潮丸関(2019年死去)、高見盛関の合宿中の写真やサイン、手形など東山町後援会(松川誠会長)が収蔵する数十点を飾った。隣には、横綱曙関が1992年11月場所を制した際の優勝額が常設展示されている。

 31日まで、入館無料。開館午前8時半~午後5時15分。

一関市

岩手
残雪踏みしめ景色を堪能 栗駒山山開き
岩手
江戸時代の女性はどう生き抜いた 一関市博物館テーマ展
岩手
名画「ひまわり」で平和を訴え 一関シネプラザ、きょうから上映
岩手
「おにぎりカフェ」開店 一関、食の大切さや発酵食品の魅力発信
岩手
「宝石の大陸」探査の軌跡 一関、故矢内さん収集「南極の石」展示