元祖サッパ市にぎわう 宮古・道の駅たろう

サッパ船に並ぶ商品を買い求める客
 宮古市の特産物を小型漁船上で販売する元祖サッパ市は23、24の両日、同市田老の道の駅たろうで開かれ、住民や観光客でにぎわっている。

 道の駅前の6隻に、収穫したばかりの新鮮な野菜や地元業者の菓子、パンなど多彩な品が並ぶ。初日は特設ステージで歌謡ショーを繰り広げた。近くに4月オープンしたキッズパークたろうでは、キッチンカー4台が軽食を提供した。

 道の駅たろう連絡協議会の主催で、24日は午前9時から午後3時。昨年は新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえて中止した。今年は9月下旬にも予定している。

宮古市

岩手
浜の「顔」グッズ化 本県沿岸部の企業とヴィレッジヴァンガード
岩手
宮古の30遺跡 全容発信 県埋文センター、23日から復興調査展
岩手
叡山電鉄(京都)再開祝うヘッドマーク 三陸鉄道
岩手
〝浜味〟ふっくら うめぇ 宮古・パン店、海の幸で新作
岩手
三鉄 ヤギのラッピング 宮古の乳製品販売会社と協力