光が彩る賢治の世界 花巻・童話村でライトアップ

来場者を魅了する巨大などんぐりオブジェ
 賢治フェスティバル実行委員会(会長・上田東一花巻市長)は17日、同市高松の宮沢賢治童話村でライトアップを始め、幻想的な世界が来場者を迎えている。

 オブジェは昨年より24体多い115体を設置し、色とりどりの発光ダイオード(LED)ライトが闇を照らし「どんぐりと山猫」「銀河鉄道の夜」などの情景を演出する。芝生広場にある高さ4メートルほどのどんぐりオブジェが人気を集めている。

 点灯は10月17日までの土日、祝日。8月10~13日および宮沢賢治の生誕日である8月27日から命日の9月21日の期間も毎日行う。入場無料。時間は8月22日まで午後6~9時、27日以降は午後5~9時。会場では新型コロナウイルス感染症対策として検温、連絡先の記入などを行う。

花巻市

岩手
レストラン新たな一歩 ホテル花城、洋食に絞ってきょう再開
岩手
汽笛高らか、今年も勇姿 花巻-釜石駅間でSL銀河運行開始
岩手
雄星の球宴ユニホーム 花巻市役所で展示公開へ
岩手
光雲の木彫像「鈿女命」公開 花巻・高村光太郎記念館
岩手
味自慢、手作りハンバーグ 花巻・冷凍専門店「E.E.H」