圧巻!巨大モニュメント ふるさと村で花フェス

「洋ランの森」と題した高さ約4メートル、幅約7メートルの大型ディスプレー
 色とりどりの草花を展示販売する「春色花フェスティバル」が4日、秋田県横手市の秋田ふるさと村で始まり、来場者でにぎわっている。8日まで。ふるさと村とむつみ造園土木(秋田市)の主催。

 展示販売は県内外の9業者がブースを設置。黄や白のコチョウランや華麗に咲いたシンビジウムなどが会場を彩った。栃木県の大森プランツが展示するクリスマスローズの新品種「みこと」(非売品)も来場者の目を引いていた。

 宮城県の伊藤洋ラン園が製作した展示用の大型ディスプレーは、高さ約4メートル、幅約7メートルと見応えたっぷり。「洋ランの森」と題し、カトレアやシンビジウムなど約千鉢を並べた。

 にかほ市から訪れた渡部則子さん(71)は「きれいな花ばかりで春を感じる。買った花は早速玄関先に飾りたい」と話した。

 地元の愛好者団体有志による押し花の作品展示のほか、寄せ植えなどを体験する有料ワークショップも実施している。出店業者による無料の育て方講習会は、6日に洋ラン、7日にクリスマスローズを取り上げる。

 入場料500円、買い物券(700円分)付入場券千円、中学生以下無料。午前9時半~午後4時半(最終日は3時、最終入場は30分前)。問い合わせはふるさと村TEL0182・33・8800

横手市

秋田
かまくらの街を「かまチャリ」で走ろう! 横手市観光協会がレンタル
秋田
プラザ迎賓、日本の宿アワードで本県トップ 楽天トラベル
秋田
矢口高雄さんの未完作など300点、まんが美術館で追悼展
秋田
車から給電、ブラウゴンが光る! ふるさと村に三平の氷像も
秋田
農村の四季克明に、県立近代美術館で大野源二郎さんの写真展