リンドウの雑貨いかが 八幡平市の女性グループ、限定ショップ

地元産リンドウを使った手作りのインテリア品が並ぶ「花っ娘」のショップ
 八幡平市大更の女性グループ・フローリストファーマーズ花っ娘(こ)(宮野亜由美代表)は、作業場の一部を改装したショップを期間限定でオープンした。地元産のリンドウを使った手作りのインテリア品を販売し、地域の魅力を広く伝えている。

 乾燥させたリンドウを使ったハーバリウムやキャンドル、ストラップなど100点以上を販売。ネックレスやイヤリングなど普段使いのアクセサリーや、絵馬など工夫を凝らした商品も並ぶ。

 花っ娘は生産日本一を誇る市産リンドウの振興と、子育て中の女性たちの働く場づくりを柱に、5年ほど前から活動。現在は市内の女性9人で構成し、夏場は栽培収穫、農閑期の冬場は加工品の製作や体験会の開催に取り組む。加工品は市のふるさと納税の返礼品としても提供されている。

 新型コロナウイルスの感染状況を見ながら、新たな店舗建設も計画中。宮野代表(38)は「地元の産業やコロナ禍の『おうち時間』を楽しむきっかけになるとうれしい」と願う。

 ショップは今月20日ごろまで営業。午前10時~午後3時。土日祝日は定休。問い合わせは花っ娘(0195・68・7095)へ。

八幡平市

岩手
銀世界、滑り出す 県内2スキー場、今季営業を開始
岩手
漆の奥深さ伝える 二戸市と八幡平市の2館で特別展
岩手
冬へ続く光の道 八幡平市・サラダファームで点灯
岩手
土偶、土器に見る縄文人の祈り 八幡平市博物館で企画展
岩手
響き合う秋、山賊まつり 八幡平市、児童らがステージ発表