新感覚「トマト冷麺」 戸田久が3月発売、辛み抑え甘酸っぱく

トマトの風味とうま味が楽しめる」とPRする合川渡課長
 一戸町一戸の製麺業、戸田久(戸田敬(けい)社長)は3月1日、トマト冷麺を発売する。喉越しの良い細麺と辛みを抑えた甘酸っぱいスープが魅力。新たな感覚の冷麺で、幅広い世代に親しまれそうだ。

 麺は、同社の定番商品である盛岡冷麺の麺よりやや細く、しっかりとした弾力がある。特長は新鮮なトマトをベースに、リンゴ果汁の甘さとレモンの酸味が加わった甘酸っぱいスープ。冷製トマトスープのような爽やかな味わいがある。

 管理課の合川渡課長(50)は「トマトの風味とうま味が辛さを抑えているので、子どもや辛さの苦手な方などにもお薦め。季節の野菜をのせて、サラダ感覚で味わってほしい」と提案する。

 県内外のスーパーなどで販売する。2食入り410円。

一戸町

岩手
御所野遺跡 体感アプリ 一戸町、ARやVR活用し紹介
岩手
縄文周遊マップを製作 二戸地域振興センター
岩手
二戸地域を上手に巡ろう 観光推進協がアクセスマップ
岩手
鳥越竹細工 発信に若い力 一戸高生がキャラとロゴ制作
岩手
冬の星空に思いはせ 奥中山高原スキー場で観察会