パラ五輪トーチ間近に 盛岡で展示、県内巡回

ふれあいランド岩手で展示が始まったパラ五輪の聖火トーチ
 東京パラリンピック聖火フェスティバルの県内開催まで6カ月となった12日、盛岡市三本柳のふれあいランド岩手でパラ五輪の聖火トーチの展示が始まった。16日まで設置して大会の理念を発信する。

 県実行委の主催。12日は担当者が慎重にトーチを設置。施設職員や来館者は「桜ピンク」に輝く高さ約70センチのトーチに見入った。

 県内33市町村で採火する同フェスティバルは8月12~16日に開催する。ふれあいランド岩手の薄衣和香さん(48)は「パラ五輪の理念に沿うような、障害者や高齢者が多く利用する施設でもある。トーチを見て大会に関心を持ってほしい」と期待した。

 パラ五輪の聖火トーチは今後、山田町中央コミュニティーセンター(18、19日)を皮切りに、東京五輪の聖火トーチと合わせた巡回展で展示する。4月24~27日の盛岡市まで、沿岸、県南部を中心とした15市町で展示を予定する。

盛岡市

岩手
渋民の道の駅 3ゾーン整備 盛岡市、配置イメージ固まる
岩手
わが家で「ア・ラ・モンタン」 看板メニューのテークアウト開始
岩手
ラーメン人気店 盛岡へ 奥州・SAMURAI桃太郎4月末出店
岩手
県北、県央の酒蔵堪能を 盛岡振興局、来月までスタンプラリー
岩手
注目「台湾カステラ」 盛岡のホテル販売、しっとり感で人気