くつろぎの宿泊 愛犬と 浄土ケ浜パークホテルに新プラン

浄土ケ浜パークホテルが新たに提供する愛犬と泊まれる洋室。部屋からプライベートドッグラン(写真奥)に出入りできる
 宮古市の浄土ケ浜パークホテル(松本順社長)は5日から、愛犬と泊まれるプライベートドッグラン付きの客室を提供する。新型コロナウイルスの影響でペット需要が高まる中、「家族」と一緒にくつろぐひとときを演出する。

 ペット同伴が可能な客室は約40平方メートルの洋室ツインタイプ。部屋から直接出入りができるプライベートドッグランが目を引く。ウッドデッキを設け、屋外に水飲み場や足洗い場も完備した。

 客室は犬が滑りにくい床材を使用。ペットサークルやペットシートなどの犬用道具のほか、女性と同じ柄の犬専用レンタル浴衣を5種類用意した。記念撮影も可能。事前の予約で部屋食も楽しめる。

 渡辺新一郎総支配人は「コロナ禍でペットを飼う人が増えており、愛犬と一緒に宿泊したいという声に応えたかった。三陸では珍しい、ペット同伴可能な部屋でゆっくり過ごしてほしい」とアピールする。

 3月31日まで1人8千円の期間限定宿泊プランを用意。予約、問い合わせは同ホテル(0193・62・2321)へ。

宮古市

岩手
笑顔あふれる新広場 宮古・道の駅やまびこ館、大型遊具を設置
岩手
観光復活 担う決意 県北バス入社式、初の男性バスガイド採用
岩手
震災遺族10年の軌跡、映像で きょうから宮古で報道展
岩手
「がっくらの郷」に爽やか新味 陸前高田のユズを使用
岩手
春めく潮風とトレッキング 宮古・重茂地区