厳寒耐え 青く甘く 八幡平市で寒締めホウレンソウ収穫

青々と育った寒締めホウレンソウを収穫する高橋留美子さん(左)=14日、八幡平市平笠
 14日の岩手県内は冬型の気圧配置の影響で晴れや曇りとなった。八幡平市平笠の農業高橋秀美さん(58)は、雪景色に立つビニールハウス内で寒締めホウレンソウの収穫に励んでいる。

 冬の寒さで糖度が上がり、夏に比べて葉が肉厚になる。ここ数日は厳しく冷え込み、ホウレンソウは甘みが増した。寒さが緩んだ同日は手作業で丁寧に収穫した。

 「寒締め」は目に良いとされるルテインが豊富。同市産は久慈地域に続いて昨年9月、消費者庁の機能性表示食品に登録された。妻の留美子さん(58)は「サラダやしゃぶしゃぶ、みそ汁がおいしい」とほほ笑む。

八幡平市

岩手
「そら」と「すばる」が仲間入り 八幡平市のサラダファーム
岩手
御来光 のぼる喜び 岩手山山開き
岩手
竜の目スイーツ人気 八幡平市・サラダファーム、3種類販売
岩手
八幡平市でワーケーションいかが 3施設、17日からプラン提供
岩手
新緑の七時雨山、待ってた山開き 八幡平市