男鹿「帝水」、3月下旬にも再開 コロナ防止で昨秋から休業

3月下旬の営業再開を目指している温泉旅館「海と入り陽の宿 帝水」
 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため昨年10月から休業している男鹿市戸賀塩浜の温泉旅館「海と入り陽の宿 帝水」が、早ければ3月下旬に再開することが8日分かった。運営会社のオールフロンティア(東京、平林拓郎社長)が明らかにした。

 同社によると、冬季は新型コロナとインフルエンザの同時流行などが懸念されるとして休館。春以降は観光客の増加が見込まれるため、感染対策を取って再開することを決めたという。

 帝水の客室数は本館、新館を合わせ27室。再開後は感染対策として稼働する部屋数を絞るほか、消毒の徹底、温泉や食事会場の人数制限などを行う予定。

 正社員とパートを合わせて約20人いた従業員のうち数人が退職したといい、営業再開へ向けてスタッフ確保を進めている。同社は「再開を望むお客さまの声もあり、ありがたい。再び営業できるよう準備を進める」としている。

男鹿市

秋田
来場者、距離を保ちナマハゲ楽しむ 柴灯まつり開幕
秋田
男鹿市若美の「寒甘野菜」いかが 7日まで収穫体験・販売会
秋田
ハタハタせんべいにナシのコンポート オガーレに新たな土産
秋田
なまはげ太鼓、ライブやります 今月の土日、男鹿温泉郷
秋田
なまはげ柴灯まつり申し込み開始 2月開催、各日千人限定