幻想的にライトアップ、八郎潟駅前 町と若者ら、LED設置

JR八郎潟駅前を彩るイルミネーション
 秋田県八郎潟町のJR八郎潟駅前にある小公園や街路樹、大壁画に色とりどりの発光ダイオード(LED)が飾り付けられ、夕方から夜にかけて駅の利用者らを華やかな雰囲気で迎えている。来年2月末まで午後5~10時に点灯する。

 LEDによるイルミネーションは町内の若者グループ「プロジェクト8(エイト)」(佐藤友紀代表)と町が毎年行っている。同グループは小公園の飾り付けを担当し、円形の植え込みを覆うようにLEDをドーム形に張り巡らせた。

 町のマスコットキャラクター「ニャンパチ」や、ニャンパチの肉球、町名にちなんだ「8」の形などをLEDで表現している。

 5日夜には現地で点灯式を行った。LEDが一斉に点灯すると、子どもたちが駆け寄り、電飾の下をくぐったり写真を撮ってもらったりして楽しんでいた。

 同グループのイルミネーション大作戦実行委員長を務める石川学斗さん(34)は「設置作業を進める間、通り掛かった町民の皆さんから励ましの声をたくさん掛けてもらった。やりがいを感じている」と話した。

 クリスマスの25日から来年1月3日までは、点灯時間を午前0時まで延長する。

八郎潟町

秋田
ニャンパチ光輝く、八郎潟駅前 LED2万4千個点灯
秋田
さば缶トーストおいしいよ 天王みどり学園高等部が商品化
秋田
踊り手の大きな輪広がる 八郎潟・一日市盆踊り開幕
秋田
SLや船、超リアル! 八郎潟、11日まで「動く模型展」
秋田
干拓前の八郎潟、引き網漁で活躍…うたせ舟、8年ぶり運航へ