紫波総合高生考案 即席スープ 「チータンタン」東洋水産が発売

紫波総合高の生徒が考案したカップ入り即席スープ
 東洋水産(東京、今村将也社長)は12日、紫波総合高(馬場香樹校長)の生徒が昨年考案したカップ入り即席スープ「マルちゃん岩手のじゃじゃ!鶏蛋湯(チータンタン)」を東北6県で発売した。

 じゃじゃ麺の締めに食べられるチータンタンをアレンジし、鶏と豚のだしの優しい味わい。ニンニクやごま油の風味も利かせている。1個200円(税別)。

 同商品は昨年8月、当時3年の漆原千尋さん、細川萌香さん、細川鈴音(りんね)さんが約1カ月間かけて考案し、同社の商品アイデアコンテストで優勝した。

 発売日の12日、同町高水寺のスーパーロッキー紫波店で3年の佐々木知子さん、菊池心(こころ)さん、山崎夏花さん、藤原茜さんが商品を買い物客にアピールした。佐々木さんは「すばらしい商品で、チータンタンになじみのない人にも楽しんでほしい」と期待した。

 東洋水産盛岡営業所の営業担当・野中秀之さん(26)は「高校生たちが気持ちを込めて考案した。多くの人が手に取ってほしい」とヒットを願う。

紫波町

岩手
自転車旅 晩秋感じて 紫波町など貸し出し、11月まで
岩手
酒造文化に酔いしれて 紫波町で蔵巡りツアー
岩手
疫病退散、かかしパワー 産直・紫波ふる里センターでまつり
岩手
甘い秋 実りの秋 紫波町のブドウ園で収穫体験
岩手
33市町村の観光担当が選ぶ1冊 紫波町図書館で企画展示