西和賀町での特別なひとときを提供している瀬川然さん、瑛子さん夫妻
 西和賀町川尻の瀬川然(しかり)さん(29)、瑛子さん(36)夫妻が自宅を改装して営む「ネビラキカフェ」が人気を集めている。テラス席からは錦秋湖が一望できる抜群のロケーション。「西和賀での豊かな時間を共有したい」という2人の思いを実現させた空間が、多くの人を引きつけている。

 JR北上線ほっとゆだ駅から徒歩約3分の店では、西和賀産の食材にこだわった約20種のメニューを提供。湯田牛乳を使ったチーズケーキや町特産西わらびのピクルスなど種類豊富だ。

 テラスの3席から望む錦秋湖は、時間帯や季節によって違った表情を見せ、来店者を魅了。絶景と地元産の食材を堪能できる特別なひとときを提供する。店内にも4席構え、ゆったりと過ごすことができる。

 同町でネーチャーツアーを主宰する然さんは「町内外の人が交流する空間」を思い描いていた。東京都出身で、結婚を機に同町に移住した瑛子さんも「西和賀で仕事がしたい」と模索しており、ともに飲食関係の仕事の経験があったことから、カフェの開店を決意した。昨年冬から半年ほどかけて木造2階建ての自宅を改修し、7月に開店した。

 夫婦の思いを重ねて作り上げたカフェは早速、会員制交流サイト(SNS)を中心に話題を呼んだ。来店者の8割以上が町外からで、町の交流人口拡大に寄与。店内には同町の観光冊子などを並べ、町内周遊を促すための「観光案内所」の役割も担っている。

 今後は店内でのイベントなどを構想しており、交流拠点として町の活気を創出する。然さんは「町外から注目が集まることで、町民も地元の魅力を再発見できる」と期待。瑛子さんは「西和賀には人間らしさを取り戻せる特別な時間が流れている。伸び伸びとした気持ちでリフレッシュしてほしい」と願う。

 午前11時~午後5時。月、火曜定休。問い合わせは同店(080・5060・8790)へ。

西和賀町

岩手
旅館発 ウェブラジオ 西和賀の「山人」 、宿や地域の魅力配信
岩手
収穫待つ白い輝き 西和賀のソバ畑
岩手
名物「雪室そば」いかが 西和賀・10日まで限定メニュー
岩手
西和賀のビール 再び 沖縄・ヘリオス酒造が発売
岩手
「高原の花」で帰省気分を 西和賀産業公社、全国に発送