奇岩貫く初夏の朝日 久慈・小袖海岸

つりがね洞の穴に収まり、光を放つ朝日=5日午前4時22分、久慈市長内町(久慈支局・向山俊恵撮影)
 久慈市長内町の小袖海岸にある奇岩・つりがね洞で早朝、洞穴に太陽が収まる初夏ならではの神々しい風景が見られている。

 5日午前4時すぎ、水平線のもやから朝日がゆっくりと顔を出した。オレンジに染まる空と海に奇岩のシルエットが浮かび上がり、しばし洞穴から陽光が放たれた。

 市によると、かつて洞穴内には釣り鐘状の岩が垂れ下がっていたが、1896(明治29)年の三陸大津波で崩落したとされる。

 現地で10年以上写真を撮り続ける同市新井田の佐藤孝美さん(74)は「日によって太陽や雲の形が変わり、同じ写真にならない」と魅力を語る。

久慈市

岩手
自慢の海鮮 初の朝市 久慈・大尻地区、あすから2日間
岩手
沿線待望 観光列車再開へ JR、久慈―八戸間24日から
岩手
「しらかば場所」成功誓い土俵入り 久慈で来月、闘牛大会
岩手
体験客、久慈で化石発見 背びれのとげ、国内初
岩手
タウン誌 愛され200号 「ダ・なす」表紙一新、のんさん特集