こいのぼり、ゆうゆうと 由利鉄矢島駅、今年は1カ所のみ

矢島駅ホームの向かいの広場に飾られているこいのぼり
 秋田県由利本荘市の鳥海山ろく線矢島駅ホームの向かいの広場に、さまざまな色や大きさのこいのぼり約20匹が飾り付けられ、乗客や住民を楽しませている。来月6日まで。

 設置したのは、鳥海山ろく線を運営する同市の第三セクター・由利高原鉄道(萱場道夫社長)。例年は矢島駅ホームの向かいのほか、前郷駅ホーム、鳥海山木のおもちゃ美術館がある旧鮎川小グラウンドなど、沿線各地にこいのぼりを飾っている。しかし、今年は新型コロナウイルス感染拡大を受け、飾る場所を1カ所だけにした。

 車内にこいのぼりの装飾を施した「こいのぼり列車」は来月6日まで、午前9時40分矢島駅発と、同10時43分羽後本荘駅発の1日1往復運行。オリジナルこいのぼり作りや新聞を使ったかぶと作りなど、車内のイベントは中止する。

 同社は「厳しい環境の中でも利用してくれるお客さんに、ほっとする時間を提供したい」としている。

 同社は、来月3~6日に予定していた小学生以下の運賃無料化と、同2~6日に上下2本ずつ運行予定だった臨時列車について、それぞれ中止する。

由利本荘市

秋田
多世代で触って遊んで 木のおもちゃ美術館、3カ月ぶり再開
秋田
「おばこアマビエ」でコロナ封じ! 由利鉄が酒と山菜セット通販
秋田
周辺スポット売り込め! 由利鉄・矢島駅に観光案内所開設
秋田
雪中キャベツ収穫しよう 東由利で来月1日、参加者を募集
秋田
秋田杉使った「三角庵」でおもてなし やしま雪夜の冬まつり