「黒潮ほたる」大船渡発信 地元出身漫画家がご当地キャラ製作

加茂神社公認で大船渡市のご当地キャラクター黒潮ほたる
 大船渡市出身で東京都在住の漫画家、志田麻理子さん(37)は同市のご当地キャラクター「黒潮ほたる」を製作した。地元の神社の公認キャラクターや飲食店のポスターとして、市の魅力の発信に一役買っている。

 黒潮ほたるは、同市大船渡町の加茂神社(荒谷貴志宮司)に仮住まいする、座敷わらしの少女の設定。今年1月に加茂神社の公認キャラクターとなった。公認申請の話を受けた荒谷宮司は「地元出身の漫画家が思いを寄せてくれていると感じ、とてもうれしかった」と振り返る。

 同市猪川町のラーメン店「大船渡秋刀魚(さんま)だし黒船」にはポスターが飾られている。店主の岩瀬龍三さん(56)は「写真を撮って帰るお客さんもいる。大船渡市を一緒に盛り上げていきたい」とほほ笑む。

 志田さんは東日本大震災の発生時、都内で創作活動をしており、地元の役に立てることを考え、「得意な絵を描くことで貢献したい」と決意した。

 現在は会員制交流サイト(SNS)などで同市の名物、名所を紹介する。志田さんは「ほたるを通して大船渡に遊びに来てほしい。震災を風化させないようにこれからも活動を続けていきたい」と意気込む。

大船渡市

岩手
海望む憩いの場 復活 大船渡・サン・アンドレス公園
岩手
風物詩、駅に涼届ける 大船渡、七夕の吹き流し設置
岩手
海水浴場の開設断念 大船渡市、安全確保難しく
岩手
朗希紹介「酢の素」人気 大船渡・水野醤油店、全国から注文続々
岩手
通販で三陸応援セット 大船渡市の東京アンテナショップ