ゆったり空間で海産物食べて 海の幸センターきょう新装開店

新装開店する海の幸ふるまいセンター。サンマ船のスクリューが出迎える
 大船渡市大船渡町の海の幸ふるまいセンター(川原昌洋店長)は4日、新装開店する。平屋の施設を増築し、ゆったりとした空間で海産物が味わえる。

 同市の鎌田水産(鎌田仁社長)大船渡工場敷地内にあり、席数は30席増え約100席。玄関には同社所有のサンマ船三笠丸のスクリュー(直径2・5メートル)を飾り来客を迎える。

 4、5両日は記念イベントとしてカキや早採りワカメ、ホヤなどの海産物を特売する。初日は午前10時開店。2日目以降は売店が午前7時半、食堂が同11時から営業し午後7時閉店。問い合わせは同店(0192・22・8310)へ。

大船渡市

岩手
海望む憩いの場 復活 大船渡・サン・アンドレス公園
岩手
風物詩、駅に涼届ける 大船渡、七夕の吹き流し設置
岩手
海水浴場の開設断念 大船渡市、安全確保難しく
岩手
朗希紹介「酢の素」人気 大船渡・水野醤油店、全国から注文続々
岩手
通販で三陸応援セット 大船渡市の東京アンテナショップ