雫石の「顔」おいしくPR ゆるキャラクッキー2種販売

雫石町をかわいくおいしく発信する、しずくちゃん(右)とケキョきちのクッキー
 雫石町のゆるキャラが味な変身-。同町のNPO法人まちサポ雫石(桜田七海理事長)は、町の観光イメージキャラクター「しずくちゃん」と、鶯宿温泉観光協会のマスコットキャラクター「ケキョきち」のクッキーを販売し、かわいくおいしく町を発信している。

 プレーン味のしずくちゃんと、ココア味のケキョきちのクッキーは2月から販売。町内外で愛されるキャラを使った手軽なお土産品を作ろうと、同法人と同町のレンタル菓子工房「utakane(うたかね)」が共同開発した。

 桜田理事長(38)は「新型コロナウイルスの影響で、町を訪れる人も減っている。キャラクターを通じて雫石を知り、思い出すきっかけにしてもらいたい」と願い、販路拡大も目指す。

 1枚180円。同法人が指定管理する町まちおこしセンターしずく×CAN(同町上町南)で販売。営業時間は午前9時~午後5時(火曜定休)。問い合わせはしずく×CAN(019・692・6282)へ。

雫石町

岩手
旅館に無人日本酒バー 雫石・長栄館、3月本格オープン
岩手
岩手山、先端技術で発信 網張ビジターセンターが展示内容刷新
岩手
いわて雪まつり初の中止決定 代替イベントなし
岩手
雫石味わうグラノーラ 農家や豆腐店と連携、3日発売
岩手
雫石の3スキー場お得に満喫 20日から共通券販売