屋内型子どもの遊び場に改修 一関・花と泉の公園

子どもの遊び場に改修される方向となった花と泉の公園のベゴニア館
 一関市は2020年度、来場者が減少し、老朽化が進む花泉町の花と泉の公園の施設内容を見直す方針を固めた。維持管理に多額の費用を要するベゴニア館は花中心の展示を見直し、屋内型の子どもの遊び場に改修する。生産温室前にドッグランの整備も計画。経費削減を図るとともに、子育て世代などの来園を促し同園の活性化を目指す。

 年間の来場者数は02年度の約10万人をピークに減少し、ここ数年は2万人前後で推移。老朽化が進むベゴニア館やレストランの修繕費用も重荷になっている。市は、ワークショップを開くなど施設の利活用策を検討していた。

一関市

岩手
心潤す淡色じゅうたん 一関でアジサイ見頃
岩手
9周年祝い馬車で周遊 一関・骨寺村荘園交流館
岩手
須川高原散策 お供にマップ 一関・地元温泉が作製
岩手
予防呼び掛ける「通行手形」 一関市、来訪者向けに発行
岩手
待ちわびた絶景堪能 猊鼻渓舟下り運航再開