マツ、ナンテン…正月花、鮮やかに 如斯亭庭園で生け花体験

講師の指導を受け、正月用の生け花に挑戦する参加者
 秋田市旭川南町の国指定名勝「旧秋田藩主佐竹氏別邸(如斯亭(じょしてい))庭園」で7日、県華道連盟所属団体の指導による生け花の体験会が行われた。市民16人が参加し、正月に飾る生け花に挑戦した。

 庭園を管理する佐竹史料館が公開活用事業の一環として企画。花芸安達流県支部(京屋幸瞳支部長)と古流松應会県支部(田中理笙支部長)の会員が講師を務めた。

 この日用意されたのは、マツやナンテンなど新年を祝う花材。参加者は角度や位置、全体のバランスについて講師のアドバイスを受けながら、作品作りに取り組んだ。

 生け花は初めてだという秋田市添川の豊島亜希子さん(44)は「先生の指導が上手で楽しかった。正月はぜひ自分で生けた花を自宅に飾りたい」と話した。

 体験会の最後には、それぞれの流派による生け込み計3作品も披露され、参加者は熱心に見入っていた。

 3作品は同庭園で13日まで展示される。午前9時半~午後4時。観賞無料だが、同庭園の観覧料が必要。一般210円、団体(20人以上)160円、高校生以下無料。

秋田市

秋田
ごてんまり、多彩に61点 秋田市で26日まで展示会
秋田
「秋田牛しぐれ煮」開発、全国販売 焼き肉店×つくだ煮店
秋田
空港1位は「あつみのかりん糖」 お土産、いぶりがっこ健闘
秋田
全種類、制覇できるかな? 「ラッピング」タクシーが好評
秋田
太平山の「信仰」「暮らし」紹介 県立博物館、魅力知る展示