寒風になびくシキザクラ 盛岡・冬間近を告げる

かれんな花をつけ、冬間近を告げるシキザクラ=18日、盛岡市鉈屋町・千手院
 18日の岩手県内は低気圧の影響で雨や曇りとなった。盛岡市鉈屋町の千手院(矢沢亮康住職)では、シキザクラのかれんな花が冷たい風になびき、市民に冬間近を告げている。

 春と晩秋の2度花をつけるシキザクラ。境内には5本の木があり、矢沢住職によると例年12月半ばまで楽しめる。同市鉈屋町の自営業主浜吉三さん(80)は「シキザクラを見ると冬が来ると感じる」と静かにめでた。

 朝は放射冷却で冷え込み、最低気温は盛岡氷点下2・5度(平年比3・4度低)、宮古0・1度(同2・0度低)、大船渡0・9度(同2・2度低)など。36観測地点中32地点で今季最低を記録した。

盛岡市

岩手
動物公園30年の足跡 盛岡市公社記念誌発行
岩手
石割桜、近づく春実感 雪囲い取り外し
岩手
美容用はさみに漆の輝き 県内外の3社、岩手の技PR
岩手
材木町「よ市」初の開幕延期 盛岡・新型コロナ影響
岩手
僕も聖火ランナー気分 盛岡・五輪公式店でトーチ展示