台風禍乗り越え「三鉄婚」 貸し切り列車で公開挙式

参加者の「記念乗車券」を切りながら列車内を回る(右から)新郎里舘浩哉さんと新婦鈴木花月さん=27日、宮古市・田老-宮古駅間
 台風にも負けず、晴れの「三鉄婚」-。山田町船越の理学療法士里舘浩哉さん(31)と宮古市山口の看護師鈴木花月(かづき)さん(26)は27日、三陸鉄道リアス線の貸し切り列車内で公開結婚式を挙げた。予定していた2人の地元、宮古-陸中山田駅間が台風19号の影響で不通となる中、区間を変えて当初の日程通りに実現させた。地域や三鉄の関係者らは新郎新婦の門出を祝いながら、災禍から立ち上がる大きな力を得た。

 同市日立浜町の浄土ケ浜パークホテル(松本順社長)が、三陸鉄道(中村一郎社長)と協力して企画。2人はレトロ列車に乗り込み、宮古-田老駅間を往復する車内でケーキ入刀や指輪交換を行った。新郎新婦は記念乗車券を切って回り、住民によるバンド演奏や郷土芸能も披露された。

 浩哉さんは旧JR山田線で高校に通学。東日本大震災で被災して不通となった区間は3月にリアス線として再開し、花月さんの最寄り駅山口団地駅とつながった。

 浩哉さんは「復興の象徴の三鉄のように力強く、途中下車することなく夫婦としての歩みを進めていきたい」、花月さんは「三鉄はまた復活するという強い思いを感じ、私たち夫婦も1本のレールを歩んでいく覚悟ができた」と感謝した。

 リアス線は台風19号の豪雨で大きな被害を受け、釜石-宮古間と田老-久慈間で不通が続く。そのような状況下で地域の後押しもあって挙げられた式は三鉄と沿線住民の絆を再確認する場にもなった。

 中村社長は「ゆかりある三鉄で式を挙げてもらい、われわれも勇気をもらった」と前を向き、松本社長は「三鉄、宮古、山田と共に手を携え再び立ち上がりたい」と力を込める。

宮古市

岩手
三陸ジオパーク再認定審査開始 宮古皮切り
岩手
宮古市のイベント情報
岩手
岩手・2019秋■旬の味覚を楽しもう!
岩手
県内、イベント中止相次ぐ 12日からの3連休、台風接近
岩手
10月なのに…初サンマ 宮古・最も遅い水揚げ