秋の味覚「自然薯」店頭に 秋田市河辺の直売所

ずらりと並んだ自然薯
 秋の味覚の一つ、自然薯(じねんじょ)がシーズンを迎えた。秋田市河辺三内の直売所「やまぶき」の店頭には21日、近くの山で採れた自然薯がずらりと並び、訪れた人たちが熱心に品定めをしていた。

 やまぶきによると、今年の初入荷は例年並みの今月2日だった。15日すぎから入荷量が増え、ここ数日は4~5年物の300グラムから10年物クラスの600グラム超のサイズまで、一日平均5キロほどが入り、品質も上々という。

 天然物は、イモを傷めずに掘り出すのが難しく入荷量が限られる。栽培とは異なる独特のこしのある粘りと濃厚なうま味が人気だ。

 友人4人と一緒に訪れた大仙市の佐々木由美子さん(64)は、自然薯を手にし「つみれ状にし、みんなで鍋を囲みたい」と笑顔を見せていた。

 自然薯は11月末まで販売予定。問い合わせはやまぶきTEL018・883・2101

秋田市

秋田
少雪に感謝!?春を待つ水心苑、24日まで公開 秋田市
秋田
四つ子アムールトラの名前決定 「令、和、風、月」
秋田
「くら吉」松屋銀座に出店 県外2店舗目、29日オープン
秋田
ネイガー×マブヤー共演へ B1秋田―琉球戦前にショー
秋田
春先取り、3週間早く紅梅見頃 セリオンリスタ