価格手頃で盛りよし! 人気必至の早朝食堂、本荘駅前に開業

自由食堂のカウンターに立つ大友さん
 秋田県由利本荘市の本荘駅前市場の一角に、朝食を売りにする早朝営業の食堂が出店し、地元高校生らの人気を集めている。旧大内町出身の大友孝徳さん(57)=由利本荘市=が切り盛りする「自由食堂」。手頃な価格とボリュームが自慢で、「市場や駅前周辺のにぎわいに貢献できればうれしい」と話す。

 食堂は空きスペース約19平方メートルを活用し、6月にオープン。看板メニューのそばのほか、定食や丼もの、おにぎりなど9種類を用意し、200~600円で購入できる。

 大友さんは本荘高校を卒業後、都内でサラリーマンを経てアパレル関連会社を経営。2017年11月にUターンした後、地元特産品を手掛ける会社を起こした。昨年8月からは市文化交流館カダーレ内の物産館「ゆりぷらざ」の運営も担っている。

 市場には仕入れで週4、5日通うが、「高齢者ばかりで閑散としていた」。市場側の打診で活性化策を考えることになり、目の前の通りが由利工業高や由利高の生徒の通学路になっていることに着目。高校生を主なターゲットとし、朝食を提供する食堂の営業を思い付いた。

 大友さんは「本荘は朝ご飯をしっかり食べられる場所が少ない。県立大生の多くは朝ご飯を抜いているとも聞く。朝にちゃんと食事できる店が必要だと思った」と振り返る。いざのれんを構えると、通学途中の高校生はもちろん、県立大生や出勤前の会社員、夜勤明けの労働者も来店するようになった。「朝ご飯をしっかり食べたい人は多いね」と話す。

 Uターンして以来、JR羽後本荘駅前全体の活気がなくなりつつあることに危機感を感じていたという。大友さんは「食べに来た人に市場にも寄ってもらうことで、にぎわいが生まれたらうれしい。少しずつ駅前の町おこしに貢献していきたい」と語った。

 営業は午前5~8時。日曜定休。問い合わせは大友さんTEL090・3474・0229

由利本荘市

秋田
仮装して乗ってね 由利鉄、31日まで「ハロウィン列車」
秋田
大きなアケビたわわ! 矢島小林工業の畑で収穫期
秋田
紅葉鮮やか、法体の滝彩る 由利本荘市鳥海町
秋田
ぼーっと見てると叱られる? 由利鉄沿線にかかしずらり
秋田
「つぶぞろい」の酒いかが 県オリジナル品種食用米で商品化