ホッキョクグマのユキおめでた? 出産想定し準備、GAO

展示場のプールに入るユキ(男鹿水族館GAO提供)
 男鹿水族館GAO(秋田県男鹿市戸賀)は、雌のホッキョクグマ「ユキ」(19歳)の妊娠・出産を想定した準備に入った。獣舎内の産室を開放し、ユキが展示場と行き来できるようにしている。展示は当面続けるが、獣舎の上にある観覧用ウッドデッキは来場者の立ち入りを規制している。

 ユキは3月7日に姫路市立動物園(兵庫県)からGAOにやって来た。同月末から雄の「豪太」(15歳)と同居を開始。5月末までに計19日同居し、7回の繁殖行動が確認された。

 ホッキョクグマは妊娠しているかどうかを判断するのが難しい。豪太の前の繁殖相手「クルミ」の際も、繁殖行動が確認された場合は妊娠を想定した対応を行っていた。妊娠していた場合、出産は11月~来年1月初旬と見込まれる。

 GAOではウッドチップを敷き詰めるなどして産室の環境を整え、今月4日から開放。これまでユキは何度か産室に入っているがすぐに出る状態で、最近は寝室にいる時間が多いという。産室内にはカメラを設置しており、今後ユキが産室にこもる時間が増えた場合は、来場者がモニターでカメラ映像を見られるようにする。

 GAOの担当者は「ユキが落ち着いて出産できるよう準備を整えていく。展示場に出ていない時間が増えてしまうが、出産を期待して見守ってほしい」と話した。

男鹿市

秋田
オガーレ、秋田犬の展示を休止 インスタで様子を発信
秋田
ゴマフアザラシ「みずき」、子ども産まれたよ GAO
秋田
アザラシの描写リアルに 美大院生がGAOの解説パネル制作
秋田
秋田のみなさん、お得に宿泊できます! 男鹿のホテルが企画
秋田
名大教授「これはすごい」 世界的に貴重、鵜ノ崎の小豆岩