盛岡の美味 スタンプラリー 市アンバサダー制度認定37店

「盛岡の美味いもんアンバサダー」のスタンプラリーPRする菊地知樹さん
 盛岡市は市の特産食材を使ったメニューを提供する「盛岡の美味(うま)いもんアンバサダー」に認定された飲食店を巡るスタンプラリーを開催している。食材PRや地産地消の推進を目指し、初めて企画。認定店から37店が参加し、30日まで利用を呼び掛けている。

 アンバサダー制度は、特産食材の認知度向上や魅力発信を目的に、2016年に始まった。盛岡りんごやアロニア、津志田芋など九つのテーマ食材を設定し、それらを使用したメニューを提供する飲食店を認定している。

 今回のスタンプラリーは、黄色のフラッグを店先に掲げた参加店で飲食、購入することで、店内で配布している台紙にスタンプが一つもらえる。

 スタンプは1店につき一つで、3店分を集めると、台紙の裏のはがきから特産食材が当たる懸賞に応募できる。スタンプの一つ以上は「盛岡りんごハイボール」の提供店を含むことが条件だ。

 アンバサダーは現在、同市内の51店が認定されている。担当する市農政課主事の菊地知樹さん(27)は「生産地と消費地が近いという盛岡の特長を生かし、多くの人に特産食材を知ってもらう機会としたい」と狙いを語る。

 問い合わせは同スタンプラリー事務局(019・601・8030)へ。

盛岡市

岩手
岩手大、総力の支援紹介 創立70周年記念展
岩手
盛岡市のイベント情報
岩手
県内、イベント中止相次ぐ 12日からの3連休、台風接近
岩手
南部鉄器の魅力、広く紹介 11日から盛岡・岩手銀行赤レンガ館
岩手
循環バス沿線の魅力 一冊に 盛岡・岩手大サークルが情報誌