こだわりの横手やきそば食べ比べ 四天王決定戦、開幕

目当ての焼きそばを買い求める人たち
 「横手やきそば四天王決定戦2019」が7日、秋田県横手市の秋田ふるさと村で開幕した。市内10店の個性豊かな焼きそばが勢ぞろいし、大勢の来場者が舌鼓を打った。8日まで。来場者の投票で四天王が決まる。

 町のにぎわいを創出しようと、市観光協会や町おこし団体などでつくる実行委員会が毎年開催しており、今年で13回目。5~7月に県内外の覆面審査員100人が市内の約40店を食べ歩いて採点し、出場10店を選んだ。

 各店のブースには、大きな唐揚げがトッピングされた焼きそばや、自家製だしをブレンドしたオリジナルソースの焼きそばなど、それぞれこだわりの逸品が並んだ。来場者は、家族や友人同士で数種類を分け合って食べていた。

 会場の一角には投票コーナーが設けられ、来場者は気に入った店の投票箱に、使い終わった割り箸を入れて投票した。割り箸の本数が多かった上位4店は1年間、四天王を名乗ることができる。

 家族で訪れた同市大屋新町の農家高橋秀和さん(37)は「各店のバリエーション豊かな味が楽しめてよかった。どれもおいしかった」と話した。

 1食は通常の半分サイズ。1食券は350円、10店の焼きそばをまとめて購入できる10食券は3500円。

 8日は午前10時~午後3時。終了後に投票結果が発表される。

横手市

秋田
県南の「んめもの弁当」味わって 秋田、大曲駅などで発売へ
秋田
傑出した写実力「若冲と京の美術」開幕 横手市・近代美術館
秋田
横手やきそば、今年の四天王決まる
秋田
車を止め、2万1千株の花々満喫 横手・ベゴニアなど見頃
秋田
魔法の美術館、来場2万人突破 横手市・秋田ふるさと村