「本荘さくらまつり」開幕 16日には超神ネイガーショーも

本荘公園で「本荘さくらまつり」が始まった。園内の桜は近く見頃を迎える
 秋田県由利本荘市内で桜の名所として知られる本荘公園の「本荘さくらまつり」が7日、始まった。23日までの期間中、夜間のライトアップや屋台の出店、野外ステージイベントなどが企画されている。由利本荘市観光協会本荘支部の主催。



 市によると、公園内には約千本のソメイヨシノが咲き誇る。例年より1週間ほど早い5日に開花宣言し、満開は8~10日ごろの見込み。早咲きで知られる園内の温水プール「遊泳館」脇にあるソメイヨシノは、既に満開の状態となっている。

 屋台の出店と野外ステージは新型コロナの影響で4年ぶり。ステージでは15日に地元小学校吹奏楽部による演奏や民謡の披露など。16日はご当地ヒーロー・超神ネイガーのショーなどが予定されている。桜のライトアップは午後5~9時。

 7日は公園でオープニングセレモニーを行い、同協会本荘支部の猪股春夫支部長が「4年ぶりの本格開催。本荘さくらまつりは春のメインイベントの一つ。多くの皆さんに足を運んでもらえることを期待している」とあいさつ。猪股支部長や湊貴信市長ら5人がテープカットし、まつりの盛況を祈願した。

 さくらまつりに関する問い合わせは市観光協会本荘支部TEL0184・24・6349

「本荘さくらまつり」詳細

由利本荘市

秋田
温水プール脇は早くも満開 本荘さくらまつり、園内にぎわう
秋田
本荘公園で「さくらまつり」開幕 満開は12日ごろか
秋田
由利工生が本荘公園テーマにVR制作 近日公開、解説文も用意
秋田
阿部雅龍さん写真集に 病気回復願い、由利本荘出身の写真家出版
秋田
「スタチン」発見、遠藤章さんの業績紹介 出身地・東由利で