廃線50年、松尾鉱業鉄道に光 八幡平市資料館、歴史や情景伝える

当時の写真や営業成績表など貴重な資料を展示している松尾鉱山資料館の企画展
 八幡平市の旧松尾鉱山で産出した硫黄を輸送したり観光客の足として親しまれた松尾鉱業鉄道の廃線から10月で50年。同市柏台の市松尾鉱山資料館では17日から企画展が始まり、鉄道跡をたどるツアーの一行が見学した。

 東洋一の硫黄鉱山とも呼ばれ、日本の産業振興を支えた松尾鉱山とともに歩んだ鉄道の歴史と情景を伝えている。

 企画展では年表や当時の写真、松尾鉱山で発行していた広報紙など貴重な資料を紹介。機関車をかたどったペーパークラフトの展示や複製した切符に改札ばさみを入れる体験コーナーなども設けた。

 企画展は11月3日まで。午前9時~午後4時半(最終入場同4時)。入館無料。月曜休館(月曜が祝日の場合は翌平日休館)。

八幡平市

岩手
音声と共に、八幡平巡る ARアプリ活用、観光地接近で自動案内
岩手
八幡平に幻想の光 平舘青商会と平舘高が製作、3月上旬まで
岩手
安比高原除夜の花火、30回の節目で幕  800発夜空彩る
岩手
八幡平市田山スキー場がオープン 今季の無事故を願う
岩手
イルミネーション、高校生の発想光る 八幡平・平舘で14日点灯