ボージョレ解禁直後だけの味 あぶればワイン香るパンいかが

 フランス産の新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」の解禁に合わせ、秋田市八橋のパン屋「ベッカライ・バンデブロート」が、アルコールを飛ばした赤ワインを仕込みに使った商品「パンォヴァン」を18~20日に限定販売している。



 「パンォヴァン」は赤みがかった生地に赤ワインに漬けたサラミ、ゴーダチーズを練り込んでいる。長さは約18センチ。トースターであぶると、ワインの香りがするという。

 2014年に大館市から移転開業して以来、ボージョレの解禁に合わせて限定販売している。今年は18日だけで150本以上が売れた。岩谷正明オーナー(38)は「パンォヴァンを通じ、消費者の食事に楽しさを届けたい」と話す。

 税込み480円。営業時間は午前10時~午後6時。

秋田市

秋田
ミルハスがグランドオープン 新日本フィル特別公演
秋田
日本画家佐藤緋呂子さん「原点は秋田」 ココラボなどで個展
秋田
外食続きの運転手さんに… 河ドラで塩分控えめ「ドラ飯」
秋田
体調崩し転倒したゾウのリリー、徐々に安定 大森山「会いに来て」
秋田
市女笠に旅装束…秋田米の魅力、全国へ ミスあきたこまちに7人