八幡平が秋の装いに、紅葉が見頃 今月中旬まで

ふけの湯周辺の紅葉
 秋田、岩手両県にまたがる八幡平(1613メートル)で紅葉が見頃を迎えている。6日は観光客らが訪れ、秋の装いとなった山の景色を楽しんだ。

 標高約1100メートルにある温泉宿「ふけの湯」(鹿角市八幡平)から見える木々は今月に入り色づきが進む。ウルシの赤、イタヤカエデの淡い黄色、アオモリトドマツの緑など葉の色はさまざま。温泉の湯煙や山の岩肌と合わせ、壮大な景観を描いている。

 6日は雨が落ちたり、雲の切れ間から日が差したりの天候となった。訪れた人たちは写真を撮影したり、野天風呂に入ったりしながら錦秋の景色を楽しんでいた。

 ふけの湯のおかみ、阿部恭子さん(80)は「さまざまな色に染まった木々を見ることができるのが、ふけの湯の特徴。コロナ禍の中の癒やしとして、紅葉を楽しんでもらいたい」と話している。

 見頃は今月中旬まで続く見込みという。

岩手
新装 二戸の「食の玄関口」 IGR、レストラン16日開店
岩手
小岩井の重文 最新技術で紹介 雫石、16日ギャラリーオープン
秋田
角館の桜、もうすぐ見頃 「まつり」20日から縮小開催
青森
黒石市でも桜開花宣言
青森
弘前公園で桜開花宣言