海のまちのワイン2季目発売 大船渡産「シャルドネ」

スリーピークスが30日に発売する100%大船渡産のワイン「シャルドネ」
 大船渡市大船渡町のワイン製造販売業スリーピークス(及川武宏社長)は30日、ブドウの収穫から醸造まで全てを大船渡で手掛けた白ワイン「シャルドネ」を発売する。100%大船渡産のワイン販売は2季目となる。

 市内の畑で育てたブドウは昨年10月に収穫し、津波復興拠点整備事業区域の8街区にある同社で醸造した。辛口で、リンゴのような香りと穏やかな酸味とまろやかな味わいが特長。畑の土にカキ殻をまき、カキやホタテなど海産物との相性がいい。

 100%大船渡産ワインの醸造は、初年度から「海のまち」を想起させるワインとして評価を得てきた。自社栽培するブドウの質も向上し、及川社長(40)は「昨年飲んだ人はワインの成長を、初めての人には今後を楽しみにしながら味わってほしい」と手応えを語る。

 750ミリリットル入り、税別7千円。スリーピークスの店頭やオンラインショップで販売する。問い合わせは同社(050・5372・4014)へ。

大船渡市

岩手
海望む憩いの場 復活 大船渡・サン・アンドレス公園
岩手
風物詩、駅に涼届ける 大船渡、七夕の吹き流し設置
岩手
海水浴場の開設断念 大船渡市、安全確保難しく
岩手
朗希紹介「酢の素」人気 大船渡・水野醤油店、全国から注文続々
岩手
通販で三陸応援セット 大船渡市の東京アンテナショップ