竿燈まつりを楽しみ尽くすガイド2019

 秋田の夏を彩る秋田竿燈まつりが開幕します。「お目当ての竿燈会はどこ?」「地元グルメが食べられる場所は?」…今年の竿灯まつりをより楽しむため、ちょっと便利な情報を秋田魁新報の記事から紹介します。期間中のニュースも掲載していきますので、チェックしてくださいね!(秋田魁新報の記事を再編集しています)
威信と名誉懸けた一日を“定点観測”、きょう決勝(8月6日掲載)
(左上から時計回り)最高齢の差し手、登町竿燈会の渡邉健一さん、4団体が同時に妙技を披露し、会場を沸かせた合同演技、はやし方で2連覇中の県立大の演技
 秋田竿燈まつり3日目の5日、妙技大会(昼竿燈)予選は前日に続き、秋田市中通のエリアなかいちにぎわい広場で開かれた。大会は担い手の技術向上を目的に1931年から開かれており、今年で73回目。町内や職場の威信と名誉を懸けて挑む差し手やはやし方の熱い1日を追った。

【9時】 気温が30度を超える中、予選2日目はスタートした。「ドドン」という迫力ある太鼓の音と軽快な笛の音が響き渡り、差し手は次々と妙技を披露した。

【9時19分】 差し手の最高齢は登町竿燈会の渡邉健一さん(71)。過去には個人優勝したこともあるベテランだ。仲間の演技中には声援を送り、自身は得意の「腰」で観客を沸かせた。「昔に比べ、技に体がついていかないと歯がゆいが、年齢を重ねてこそできる演技もある。これからも研さんを積み、生涯現役でいたい」と話した。

【12時10分】 午前の部が終わり、竿燈に触れて差し手の気分を味わえる体験コーナーが始まった。高清水小2年の青木穂乃香さん(8)は長さ7メートル、重さ15キロの小若に挑戦。「重かったけど楽しかった。また挑戦したい」と満足げだった。

【15時31分】 はやし方で2連覇中の県立大からは4年の大竹裕靖さん(22)=仙台市出身=が出場し、力強い太鼓の音を響かせた。「人一倍練習してきた。4年間の集大成を出すことができたと思う」と晴れやかな表情を浮かべていた。

【16時6分】 全日程が終了。熱い戦いを繰り広げた差し手らに、観客から大きな拍手が送られた。

 6日に行われる団体規定の決勝には、4、5日の予選を突破した計16チームが出場する。
妙技会会場からすぐ! お点前でおもてなし中(8月5日掲載)
浴衣姿で来場者をもてなす秋田商業高の茶道部員
 秋田市の秋田商業高校茶道部による「竿燈茶会」が同市の千秋公園にある茶室「宣庵(せんあん)」で開かれている。浴衣姿の部員が観光客らに抹茶とお茶菓子を振る舞っている。6日まで。

 部員たちが日頃の稽古の成果を披露するとともに、秋田竿燈まつりに訪れた観光客らをもてなそうと、まつり期間中に毎年実施している。薄茶と濃茶の二つの席を設けている。

 4日は部員9人が参加し、紺やピンクなど色鮮やかな浴衣姿でお点前を披露。観光客らに「熱さ加減はいかがですか」と声を掛けたり、お茶菓子の説明をしたりしていた。

 一席350円。午前10時~午後2時。
千秋公園
昔語り、郷土芸能で秋田に浸る… 大町・旧金子家住宅(8月5日掲載)
軽妙な掛け合いで来場者の笑いを誘った秋田万歳
 秋田竿燈まつりの期間中(3~6日)、秋田市を訪れた観光客に本県の言葉や郷土芸能に親しんでもらうイベントが、同市大町の市有形文化財・旧金子家住宅で開かれている。秋田弁による昔語りや秋田万歳、民謡が披露され、来場者を楽しませている。

 市民俗芸能伝承館「ねぶり流し館」の主催。4日の秋田万歳の公演には県内外から約50人が来場した。秋田万歳継承会(平川金一会長)のメンバー4人が「御国万歳」や「桜万歳」など9演目を披露。太夫役と才蔵役が、ユーモアたっぷりの演技や鼓の音に合わせた軽妙な掛け合いで会場の笑いを誘った。

 各日とも昔語りが午前11時~11時55分、秋田万歳が午後1時半~2時半、民謡が午後3~4時。観覧料は100円、高校生以下無料。
旧金子家住宅
竿燈まつり期間中、無料駐車場は9カ所 会場周辺で交通規制(8月2日掲載)
 3日に開幕する秋田竿燈まつりに伴い、秋田市中心部の会場周辺は6日までの期間中、車の通行が規制される。9カ所に無料駐車場が設けられる。

 主会場の竿燈大通り周辺は午後6時15分~9時半(一部は10時)に通行止めとなる。秋田中央道路の駅東側出入り口は午後6時から進入禁止。無料駐車場は、県庁や県立体育館などで計836台分を開放する。

 市竿燈まつり実行委員会によると、竿燈大通りでの夜本番には、町内38、企業・団体36の計74竿燈会が参加する。午後6時50分に竿燈大通りに入場、7時25分から約1時間にわたり演技を繰り広げる。8時35分からは観客が竿燈に挑戦できる「ふれあい竿燈」が行われる。

 差し手、はやし方が技量を競う妙技大会はエリアなかいちで、4、5の両日午前9時から予選、6日午前9時20分から決勝を行う。雨天の場合は八橋のCNAアリーナ(市立体育館)に会場を移す。

 関連イベントとして、飲食の屋台が並ぶ「竿燈屋台村」(3~6日)が、市役所会場と中央会場で開かれる。中央会場はこれまで中通の県産業会館跡地のみだったが、今年は大町のJTB東北秋田店跡地を加える。市役所会場は2日、前夜祭として開催する。大町イベント広場(秋田ニューシティ跡地)では「ご当地グルメフェスティバル」(3~6日)も開く。屋台村とグルメフェスを合わせ、計約100ブースが出店する。

 問い合わせは実行委事務局(市観光振興課内)TEL018・888・5602(平日午前8時半~午後9時)
秋田市竿燈まつり実行委員会公式WEBサイト
屋台村、市役所駐車場に35店舗(8月3日掲載)
市役所駐車場にオープンした屋台村
 秋田竿燈まつりの開幕に先立ち2日、秋田市山王の市役所駐車場に屋台村がオープンした。35店舗が比内地鶏ラーメンやきりたんぽ田楽、地ビールなどを販売。県内外から多くの観光客や家族連れが訪れ、一足早いお祭り気分を味わった。

 屋台村は3日、県産業会館跡地(中通)とJTB東北秋田店跡地(大町)にも開設される。大町イベント広場(秋田ニューシティ跡地)では、「ご当地グルメフェスティバル」が始まる。

 屋台村とグルメフェスティバルは、いずれも6日まで。午後3時~9時半。市役所駐車場のみ午後3時~10時半。
秋田市役所
竿燈妙技デザインの扇子を市に寄贈(8月3日掲載)
竿燈をデザインした扇子。秋田中央ビルディングが秋田市に寄贈した 
 秋田竿燈まつりに合わせ、秋田市の秋田中央ビルディング(佐々木利久社長)は2日、竿燈をデザインした扇子50本を市に寄贈した。同社の創業35周年を記念して制作され、同市のイラストレーター・浅野マリアさんが、竿燈の妙技を披露する人々の絵を描いている。

 市役所で贈呈式が開かれ、同社の京極英幸総務部長が穂積志市長に扇子を手渡した。市は3~6日のまつり期間中、国内外からの来賓へのプレゼントとして活用する考え。

 同市中通の西武秋田店3階にある同社事務所で6日まで販売する。事前に電話予約が必要で、1本1万円。問い合わせはTEL018・835・8090
お目当ての竿燈会、ウェブで演技場所確認(8月3日掲載)
各竿燈会が妙技を披露する場所を調べられるウェブサイト
 秋田竿燈まつりの開幕に合わせ、参加全74竿燈会の夜本番の演技場所を確認できるウェブサイトが公開された。当日は人混みや通行規制で移動に苦労するだけに、お目当ての竿燈会を探すのに役立ちそうだ。

 秋田市のプログラマーらでつくる「Code for Akita」(小林秀樹代表)が制作した。サイトを開き、町内や企業・団体名、日付と時間帯を選択すると、地図上に位置情報が表示される。

 主会場の竿燈大通り(約850メートル)では、各竿燈会はおよそ15分ごとに約80メートル移動し、3カ所で妙技を披露する。
Code for Akitaのホームページ

秋田市

秋田
いぶりがっこ商品、種類増え人気 お盆期間の土産品販売
秋田
秋田港に9、10月「スプレンディダ」寄港 見学者、募集中
秋田
色とりどりの花ずらり 雄和の私設ダリア園見頃
秋田
メトロポリタン秋田、豪華列車「四季島」に特製弁当提供
秋田
「龍角散」ゆかりの品々を展示 紙袋やポスター50点展示