新緑も着飾り稚児行列 春の藤原まつり開幕、5日まで

きらびやかな衣装をまとい新緑の中を練り歩く子どもたち
 平泉町の春の藤原まつりは1日開幕し、中尊寺(奥山元照貫首)で稚児行列を行った。きらびやかな衣装をまとった子どもたちが新緑が映える境内を練り歩いた。

 県内外の園児ら36人が参加。赤と青の狩衣(かりぎぬ)・直垂(ひたたれ)姿に、烏帽子(えぼし)や宝冠をまとい、本堂から金色堂までの約300メートルを練り歩いた。多くの観光客らが沿道から写真を撮り、手を振った。

 同町平泉の小野寺航一ちゃん(5)は「きらきらでかっこいい」と喜び、母優子さん(37)は「元気で優しい、健康な子に育ってほしい」と願った。

 藤原まつりは5日まで。3日にメインの源義経公東下り行列、5日に毛越寺で国指定重要無形民俗文化財の「延年の舞」を予定する。平泉観光協会によると、期間中の観光客入り込み数は36万人と見込む。

平泉町

岩手
建立900年の中尊寺金色堂に光 コロナ後の観光客回復に期待
岩手
華やかな衣装で練り歩き 平泉・秋の藤原まつり開幕
岩手
色鮮やか、菊花競演 平泉・中尊寺で菊まつり、11月15日まで
岩手
「チョコブラウニーチップス」全国で発売 平泉・千葉恵製菓
岩手
昔懐かしい給食ランチ 平泉・喫茶去じゅげむ、昭和レトロ感漂う